進路を決めた人は既に行動はしている人がいますが

プロ野球のキャンプも折り返しに来ましたがプロ野球だけではないと言うのがアマチュア野球と言うが大学野球は一足早くも新入生を入れてている。
既に私立大学などはスポーツ推薦などで入学を決めている生徒が多いと言う。

野球部もそうなりますが既に野球部専用の寮に入った生徒もいる。
と言うも高校3年生は1月で授業や考査を済ませて今月は指定した日に学校を登校するだけでいいようになっている。

中には1月末で高校の卒業式を行う所もあってすぐに寮に入った人もいると言う。
甲子園に出場したり地区大会などで出場している生徒と一緒にプレーをする事になっているのでライバルも増えている。

こうして寮に入って3月頃になると大学でもキャンプをする所もあると言う。
大学の授業が終わりテストも終わっているので九州などでキャンプをしているがある。

キャンプが終了後にはすぐに春季リーグ戦が行われると言うが新入生の参加はまだ認められてない所もあると言う。
この様にして既に入寮している生徒もいるので慌ただしい日々になると思われています。

奥さんは大して葛藤滞ります。そんなときの私の解除方法

ひと通り昼前の9機会くらいまでが私の葛藤が増長するシーンだ。結構起きない子供を叩き起こし、遅刻しないように家庭から生みだす。父親の弁当、朝飯、下の乳幼児の幼稚園の準備。ついでに晩ごはんまで試してるから皆が出て言う後は本当にぐったりしてます。が、しかしここからが私の日数。買い置きしていたスナック菓子をボリボリ食べながら、漫画の続きを横になって掴む。何とも言えない至福の日数だ。ストレス解消できます。ただし重要なのはデザートの食べ終わったバッグはゴミ箱の奥底に売る。漫画は元のポイントに断固なおす。こういう2内容だ。ごみ箱の蓋を開けたままバッグが見られ、何か言われないようにするためだ。
そうしてゆっくりとした日数を過ごし、ストレス解消した上、皆が戻る日数の半ほど前に主として手入れ。肉親がそろったところで洗濯物をたたむ。断じて家庭してますよと父親にアピールしながら「今日も幼稚園機会で忙しかったわ(本当は何も薄いけど)」というワードも忘れない。
以上のことをほぼ日々繰り返してます。論文にするとだいぶだらけた奥様だと思ったけど、これがないと私の葛藤溜まりめくります。やっぱり家庭の奥様ですからいつもにこにこしてないとねと自分に言い聞かせてますが。

トランプ政権が北朝鮮に対して厳しい姿勢をとっています

トランプ大統領は北朝鮮に対して中国がなんとかしないなら、「我々がやる」とかなり強硬な姿勢に出てきましたね。アメリカが国家安全保障上の脅威に対抗するのは当然のことですからそれをどうこう言うことは出来ません。アメリカは脅威を排除するために限定空爆などの措置に出るかもしれません。その時に気になるのが北朝鮮の反撃ですね。最近北朝鮮は何度か日本海にミサイルを撃ち込んでいます。これまでミサイルは海上に落下していますが、その飛行距離からして、発射方向を変えれば九州から東京までカバー出来ることが分かります。政府には本土にミサイルが撃ち込まれた時のことをもっと考えて欲しいと思います。確かに迎撃ミサイルは配備していますが、それでは完全ではないと思います。北朝鮮のミサイルが飛んできた時に市民がどうやって身を守るべきか、政府はちゃんと国民に教育すべきです。都市部なら逃げ込むべきビルの地下室を指定したり、地方なら防空壕を掘るなど、国民に備えを呼びかけるべきではないでしょうか?http://www.sleeekingenting.biz/