勧誘に払える!松下幸之助氏の教義

今回は「営業に払える、松下幸之助ちゃんの戒律」というため、直営の大神とまで呼ばれた松下幸之助ちゃんの着想を営業の取引に、どうして使いこなすかについて述べさせていただきます。宜しくお願い申し上げます。

松下幸之助ちゃんの着想の一つに「実直なこころ」という着想があります。
作者はこのことがわからず「おとなしくする仕事場」を素直になること、と勘違いしていました。しかし松下ちゃんの執筆を読み切るうちに、実直な心は「茶目っ気」という一種の「徳性」の感じではないか、と思い当たりました。
確かに営業の会場で仏頂面では売り払える製品も売れません。陰気な、あんまり近づきたくない人からは物を買いたくない根性がしばしばわかります。(みなさんも思い当たることがあるのではないでしょうか。)
また「実直なこころ」は「メリットを持つ内面」とも考えられています。
メリットを持てばユーザーが何を求めているかユーザー視線で考えるので、必然的に製品も売れ易くなりますね。
当たり前のことですが、考えてみれば奥深い。こんな戒律が松下ちゃんの当には溢れてある。みなさんも必ず読まれてみてはいかがでしょうか?