ウェザーウォッチングの趣旨において勉強した

天気などにあたって受講をしました。日本では、約160ケ所の気象台や測侯近辺で3年月おきの計測が行われている。露冒頭は測定装置を置いてあるところです。百葉箱は、勉強などにも置いてあります。地上で計測とれることは、気圧、温度、湿度、風向、風速、天気、降雨、積雪、降雪の深さ、視程(目論見の近く)だ。雲は、件数、形、雲下の高さ、移動する方位だ。雨雲からはね返ってくる電波にあたって雨雲地域の射程、強さ、キロのようすなどがわかります。とどく最大限道程は、半径数百kmにも及びます。アメダスは、住所日和計測枠組みのことで、全国に計測近辺が約1300ケ所もあります。降雨は約17km、そよ風や温度は約21km周期の細い計測が、1年月ごとに自動的に行われている。計測結果は取り急ぎテレフォン線でセンターに送られ、コンピュータを通じて図形や前面にまとめられたものが、随所の気象台や放送局に転送されます。百葉箱は、果てしなく懐かしかっただ。金 急ぎ

警察官からの電話でドキッとしました。けれどもこれからほっとしました。

 夕飯を食べてるら、自宅のある街からの電話が入っていた。何事なのかってクエスチョンを感じながら受話器をとる。その呼出の向こうには警察官からだった。自宅には年老いた母が一人暮しをしている。妻は一人暮しは無理からかかりつけの医者からの連絡を受けていたので気持ちは焦った。もしやという憂慮だけがありました。
兄の携帯に連絡をしてポリスからの呼出があったことを伝えようとしても留守電だった。懲りずにまた引っかけるが過失電話をかけてしまった。
 自宅に電話をかけても指がおもうままに動いてない実態がありました。
 はじめて、兄に呼び出しがついたら奥様がそばにいることを分かり初めて一安心を通じて、また警察官の皆様へ折り返し電話をかけることになりました。
 自宅の方には刑事が訪れていているが内部にはガラガラとのことでした。
あれれ・・万全兄は自宅におけるみたいなことを言っていたようだけど自分の考え違いだったのでは、必ず警察官の方に兄のスマホの電話を伝えた。
母も元気にいるようでイージーをしましたけど結構ひやりとして一目があって怖かっただ。