自分が大丈夫でも相手が大丈夫じゃなければやってはいけない

アスリートの私は、平均の女性よりも体は大きく、筋肉があります。アスリートの中では強くはないし、大きい方でも無いのですが、一般人から見たら自慢できる体ではあります。そこで、よく言われるのが、腕相撲したい、とかタックルしたい、とかで、強い体の私に挑戦したい人が結構います。一般人からすれば、相手はアスリートで強いから本気で戦っても良いと思います。しかし、アスリートからすれば、ちゃんとしたタックルができない一般人に物凄い勢いで変なタックルをかけられれば、一般人が怪我しなくても、アスリートが怪我してしまいます。腕相撲でも、勝とうと思って相手が変な方向に腕を曲げてくれば、アスリートの腕や肩を痛めてしまう事もあります。くだらない話に聞こえるかもしれませんが、私は、絶対に怪我するので、基本的にタックルはフィールドの上で、アスリート同士でしかしないと決めています。先日も大丈夫だから、と言われましたが、それはその人が大丈夫でも相手が大丈夫ではなければしてはならない事だな、と思っています。これに共感してくれる人はいるのでしょうか。https://www.transformingfinance.co/